2008年10月06日

新しい水草水槽をはじめよう。

こんにちは!

水草の繁茂した水槽はとても心を癒す効果がありますねっ。

では、実際に水草水槽を新しく設置してみましょう。
今回はまったくゼロから初めてインテリアとしても美しい、癒しの水草水槽を作ります。
水草水槽の設置手順とともに普段は触れられない小技も(小枝ではない)ご紹介します。

手順的には
0.基本構想
1.器具の選定・購入
2.水槽・その他水草育成器具の設置
3.水の「慣らし」
4.水草の植え込み
5.水換え
6.トリミング

といった大まかな流れになります。

では早速、今回 新たに水草水槽を設置するにあたり、コンセプトを、、、
(と、言っても大した物ではありませんが)基本の方針を考えました。

・水草水槽は大きいほうが管理しやすく、見た目も綺麗で癒される。
・でも、日本の平均的?住宅事情も考慮する。

・見た目もできるだけ重視し、水草水槽をインテリアとしても考えたい。
・でも、できるだけ水槽設置の初期費用は抑えたい(^^;。
・さらにランニングコスト、つまり電気代やその他、水草水槽設置後の維持費用も抑えたい(^^;。

これらの基本の方針を元に新しい水草水槽の構想を考えます。

つまり、「安くて綺麗なインテリア水草水槽」です。

まず、今回の水草水槽設置場所のターゲットは賃貸マンションです。
水草水槽をインテリアとしても考えた場合、やはりリビングに置きたいのですが、32インチテレビの横には既に海水魚水槽があり、これ以上水槽を設置する場所はありません。。。

水草水槽設置のセオリーに反してベランダ側の窓際も考えてみましょう。
直射日光が短時間当たり、1日中明るいので水草がよく育ちそうです。
これは電気代の節約にもなります。
一般にはコケが生え易かったり、温度差が激しくなるなどの理由で避けるべき場所になっていますが、水草を繁茂させた水槽では水中の栄養素を適度に抑えることによってある程度は避けられます。
水草水槽を窓際に設置するのは少しチャレンジですが、蛍光灯やメタハラより自然の光で、通常は育成困難な水草も比較的調子よく育てられるのではないか〜なんて希望をもったりできます。
が、出入りに邪魔になるので家族から反対意見があり断念。

残るはダイニング側の壁面です。
現在は30cm水槽と観葉植物が占拠していますが、すべて撤去すれは180cm水槽も(幅的には)置けそうです。
180cmは重量もかなりありますので、120cmの水草水槽はどうでしょうか。
以前は、実家で120cmの水草水槽を維持していましたので、問題無さそうですが、120cm規格の水槽は奥行きが45cmあります。
まぁ、置けないことはないですが、実際測ってみると少し大きすぎるかな・・・

でも60cmの規格水槽ではちょっと物足りません。
そこで思いついたのは60cm水槽2本計画!
幅は120cmで奥行きは30cmになります。
さらに60cm水槽は普及としいるので対応器具の選択肢も多く、費用も120cm水槽と比較して格段に抑えられそうです。
水槽本体の価格もそうですが、水槽台も60cm水槽用と120cm水槽用では価格がかなり違います。幅が120cmある水槽でも120cm水槽1本より60cm水槽2本のほうがかな〜りお安いです。

今日はここまでです。



タグ:水草 水槽
【新しい水草水槽をはじめよう。の最新記事】

2008年04月02日

水草水槽の引越し日記

Image1.jpg
水草水槽の引越し。
自宅の引越しに伴って水草水槽も引越しをすることになりました。

引越しは首都圏から中部圏へ約400Kmの道のりです。
さて、そこで水草水槽の引越しはどうしたものか。。。

もちろん、家の引越しは引越し会社へ依頼しましたが、
引越し会社では生き物や食べ物は運んでもらえないとの事。

水草水槽の中身はやはり自分で運ぶしかありません。

よくよく引越し会社の営業さんに聞いてみると、水槽も水が入っていないものならば運んでもらえるそうで、底砂は入っていても良いそうです。
いくつかの引越し会社さんに聞きましたが、どこも同様でした。
引越しを実際にお願いしたのはクロネコヤマトさんです。
営業さんの対応が良かったので。

まぁ、水草水槽は30cmサイズなので、自分で運んでも大したことはないのですが、別に海水魚もあり、そちらは60cm水槽のうえにヤノシステムという底面濾過装置を埋め込んであるので底砂OKはかなり助かります。

もちろん、水草水槽も生態だけ運べばよいことになったので30cmの水草水槽は底砂が入ったまま引越し会社にお願いすることにしました。
ガラスの水槽を自分で運ぶリスクを避けたのと、引越し会社にお願いしても費用はまったく変わらないとの事だったからです。
さらに自家用車で運ぶのには30cm水槽でもけっこう大きく、小さな入れ物で運びたいとも思います。
我が家の車はセダンな為です。ワンボックスカーかな水槽ごと自分で運んでもいいかもしれません。
でも相当重たいので、引越し会社にお任せするほうがオススメです。

我が家の水草水槽のタンクメイトはシンプルです。
ネオンテトラ 10匹
アカヒレ 2匹
ミナミヌマエビ 10匹くらい

水草は魚と一緒に運ぶ予定です。
水草もシンプル。
ウォーターバコパ
ミクロソリウム
アヌビスナナ
・コケ(要らんって。^^;)

とはいえ、400kmの道のりは長いです。
休憩も多くとりますので、約7時間。
その間、魚の為に酸素と温度を確保しなければなりません。

いちおう車のシガライターソケット12Vから100Vへのインバーターはあります。
が、容量は少ないのでできるだけ電気を少なくしたいです。
ちなみにここで言うインバーターは、簡単に言うと車のシガライターソケットから家庭用のコンセントを使えるようにする器具です。
で、良いアイディアを求めてホームセンターの熱帯魚コーナーへ。
ありますあります。
日本動物薬品から発売されている「酸素を出す石」!
採取用8時間と飼育用1ヶ月の2タイプがあります。
今回は7時間目一杯酸素を出して欲しいので、採取用8時間タイプをチョイス!
値段はどちらも800円ちょいです。

これで、エアーポンプは要りません。
どちらか言うとこれは騒音対策ですね。
ずっとブクブク車内でいっているのも気になります。
さらに休憩してエンジンを切っている間に酸欠になることも防げます。

あとは、温度の確保です。
夏なら良かったのかもしれまんが、冬から春にかけてはまた冷え込みます。
7時間もあるのでやはりヒーターを使うしかありません。
まぁ、30cm水槽でいつも使っているサーモスタット内臓の26℃固定のヒーター
テトラ 26℃セットヒーター 50W」でOKです。
ヒーター本体の長さ14.5cmのコンパクトヒーター。
役に立ちます。

で、入れ物。水草水槽は引越し会社に運んでもらえるのですが、水槽の代わりになる入れ物が要る。。。

またもやホームセンターへ。
条件は
・車の激しい運転でも水がこぼれない
・保温性がある
・ヒーターなどがセットでき、魚と水草を収容できる大きさがある
・費用もできるだけ安く


CIMG6104.JPGで、購入したのが写真の大型タッパーと引越しの時に食器などを梱包する為のエアフォーム、そして大型で厚手のビニール袋です。
タッパーなどの入れ物は、左から水草水槽用、海水魚用、一番右は海水水槽のライブロック用。

購入した大型タッパー水槽は9.5リットルの容量があり、しかもパッキンが付いています。
これで水は漏れないのですが、、、
ヒーターをセットするにはコンセントのコードが通る穴が必要です。
穴を開けるとそこから水が漏れそう(こぼれそう)です。
と、少し葛藤してみたのですがやはり穴を開けることにしました。

CIMG6109.JPGPカッターで切り込みます。
その穴からヒーターのコードを出します。

あとは、水草と水槽の水、魚達を入れて運ぶだけ。
ここで、エアフォームの登場です。
エアフォームにヒーターのコードの部分だけ切り込みを入れ、タッパー水槽の中で水に浮かせるとタッパー水槽を運ぶときに水が揺れても撥ねにくくなります。

さらに厚手にビニール袋にタッパー水槽全体を入れて運びます。
水漏れをカバーすると同時に保温効果もあります。

このようにしてタッパー水槽を車の後部座席の床にセットとして安全運転で運びました。

約7時間の運転の末、無事新居に到着。
魚も水草も元気でした。
ちなみに同じように運んだ海水魚水槽の魚たちも元気でした。

めでたし、めでたし。

「酸素を出す石」で実験してみました。
エアストーンと比較するとブクブク泡が出るわけではありませんがじっくり酸素を出しているのがわかります。
CIMG6219.JPG





posted by とく at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水草熱帯魚リンク・記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

相互リンクいただける方へ

ご来場、ありがとうございます!

このホームページと相互リンクしませんか?

このホームページは水草水槽について、器具や水草の育て方を掲載しています。
更新も多く、人気ランキングも高いページです。

メールにてお知らせいただけましたら、
こちらからも相互リンクをさせていただきます。
メールは件名を「相互リンク:水草水槽のアクアリウム」として
info@maruanki.comまでお願い致します。

相互リンクのメールは下記内容をお知らせください。
・当サイトをリンクいただいたURL
・相互リンクしたいサイト名
・相互リンクしたいサイトのURL
・相互リンクしたい紹介文


当サイトへのリンクは下記の通りお願いいたします。

サイト名:
水草水槽のアクアリウム(レイアウトや育て方)

URL:
http://1mizukusa.seesaa.net/

サイトの説明:
水草水槽歴16年のベテラン水草水槽師が伝授する、
水草水槽を美しく保つ為に絶対必要な鉄則とは?



ありがとうございます。
posted by とく at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相互リンクはこちら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
他の記事をご覧頂く場合は左上のカテゴリから選択してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。