2010年06月07日

タイニムファの増やし方

ThaiNymphaea0001.jpg
タイニムファはイモ系の水草で、購入時はイモ、まさにサトイモの様な状態です。

これを転がらない程度に、埋めない様に低床に固定しておくと、しばらくすると葉と根が出てきます。

タイニムファはとても葉がやわらかく、弱そうに見える水草です。
葉も簡単に溶けてなくなってしまいます。

しかし、低床に十分な栄養肥料があれば、また葉を出します。
タイニムファは浮葉を出すのですが、この浮葉をカットしてしまうと
このイモが成長せず、増えないと言われています。

さて、この写真、左のタイニムファは購入して植えたもの、右のタイニムファは勝手に生えたもの、です。
ThaiNymphaea0002.jpg

タイニムファが勝手に生えた、とは、つまり自分で増えて移動し、生えたのです。

これは、低床に十分な栄養肥料があったためにイモが新しくできて、転がって(と言うか、エビにサッカーされまくって)いき、着床して生えたのです。

浮葉はあまり出さなかったのですが、4cm程度のイモから2つのイモができました。

このイモ、自分で土に「潜る」様な「動作」をします。

まず、イモから根が生え、葉も出ますが、根がイモを引っ張って潜っていきます。
もちろん目に見える速さではないですが、確実に土の中にイモが入って行くのが日に日にわかります。

なんだかカタツムリの様な生き物に見えてくるほどです。

もう1つのイモは相変わらずエビのサッカーボールになっていたので、で、安全な別の水槽に移しました。
ThaiNymphaea0003.jpg


posted by とく at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | マニアな水草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
他の記事をご覧頂く場合は左上のカテゴリから選択してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。